ひげ脱毛してもなかなかひげは減らない

ひげ脱毛.時間.掛かる

ひげ脱毛は5回のプランが多くて、2ヶ月間隔で通ったとしても1年近くかけてやっと終わるプランです。


しかし、せっかく1年近くかけて5回のひげ脱毛を終わらせたのに、ひげが残っている場合があるのはなぜなんでしょうか?

5回で完全に終わるわけではない

よくあるひげ脱毛のプランが5回なので、それくらいの回数でひげ脱毛は終わるのだろうと思っている人も多いのではないでしょうか?


しかし、実際は違っていて、ひげには成長期のひげもあれば休止期のひげもあるので、生え換わりのサイクルがあり肌表面に生えているひげをすべて脱毛しても、しばらくするとまた生えてくるのです。


しかし、期間を空けて5回ぐらいひげ脱毛すれば大体終わるだろうと思うかもしれませんが、生え換わりのサイクルはそれ程規則正しくないのです。


もう生えてこないだろうと思っていても、実は皮膚の下で休んでいるひげが残っていたり、人によっては生え換わりのサイクルが他人とは異なり、休んでいる毛がなかなか生えてこないこともあるのです。


生え換わりのサイクルにちゃんと合わせて、5回脱毛すればかなりの効果は出る筈なのですが、人によってはひげが多く残ってしまうこともあります。

効果の出方が毛質によっても違う

フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで主に採用されている脱毛技術です。


これは黒っぽいメラニン色素に反応する光をひげに当てて脱毛するのですが、毛質によって効果が出にくい場合があります。


反応する色素が無い白髪や金髪などのひげは脱毛できませんし、細くて色が薄い毛も反応しない場合が多いのです。


かといって黒々とした太い毛でも、あまりに毛根がしっかりしている場合は一度の照射くらいでは抜けないこともあります。


このように通常より脱毛効果が出にくい毛質の場合は、施術を多めに受ける必要が出てきます。


5回のひげ脱毛回数は、とりあえずの目安となる回数で、効果をしっかりと発揮させたいと思うなら回数が多いプランを申し込んだ方がいいでしょう。

逆に回数を少なめにする場合

ひげ脱毛はひげを全て無くして完ツルにするだけではありません。


ひげを少し薄くしたいという場合には、逆に少ない回数で脱毛を止めるやり方もあります。


そのため、ひげ脱毛は5回セットだけではなく、1回から受けられるプランもあります。


1回からひげ脱毛をすることが可能であれば、以前通っていた脱毛サロンで取り残したひげを処理するのにも役立ちますね。


ひげ脱毛は決して5回セットプランだけではないので、自分の目的に合わせて回数を選ぶようにする事が大切です。