痛いのが苦手な人へのアドバイス

痛み.弱い.アドバイス

体の中でも顔は肌が敏感な場所ですし、頬などはつねるととても強い痛みを感じます。


そんな敏感な場所ですから、ひげ脱毛するときもどのくらいの痛みがあるのか判らずとても怖いものですよね。


特に痛いのが苦手だという人にとって、初めてするひげ脱毛の痛さは未知のものでしょう。


それでは痛みに弱い人がひげ脱毛する上で、注意することはどんなことがあるのでしょうか?

出力を調節してもらう

直前になって怖くなりドタキャン!もしくは痛みに耐えられずキャンセルしてしまった。


そんなことをしてしまったら、キャンセル料金が発生してしまいお金が勿体ないです。


必ずしも痛みは、我慢しなくてはいけないというものではないのです。


医療レーザー脱毛では特に、人より痛みに弱くて不安があるなら、それをスタッフにしっかりと伝えて初めは弱い出力で施術してもらうようにしましょう。


それから痛みの様子をみて少しずつ強くしていくこともできます。


我慢できないようであれば脱毛効果は下がりますが、このような対処をしてもらう方がいいでしょう。


また、クリニックでは麻酔を使用して施術することも可能なので、事前に希望を伝えておくといいですね。

痛くない方法にする

一番痛みを感じる施術はニードル脱毛で、その次に医療レーザー脱毛となります。


クリニックでは麻酔を利用することが出来ますが、それでも痛みには不安が残ります。


どうしても痛いのが嫌だという人は、痛みが少ないフラッシュ脱毛がお勧めです。


フラッシュ脱毛でも機械によってはひげの密集している鼻下などは痛みを若干感じるようですが、輪ゴムでちょっと弾いた程度の痛みで我慢できないものではありません。


人によっては「ちょっと熱く感じるだけ」という人もいますし、何度も繰り返して施術するうちに「ほとんど痛みを感じなくなった」という人もいます。


リンクスでは日本人男性の毛質に合わせた脱毛を実現し、施術時に冷却しながら脱毛する事でほぼ痛みのない施術方法を採用しています。


これまで痛みに耐えられず医療レーザー脱毛を挫折してしまったという人でも、リンクスなら問題無く受けられたというケースはとても多いです。

痛さを体験する

痛みが不安でちゃんとひげ脱毛できるのか心配と言う場合は、一度体験脱毛をやってみるのが一番確実です。


無料カウンセリングの時にテストショットをしてくれるサロンもありますし、初回限定のお得な価格で体験脱毛ができるサロンもあります。


痛みが心配なだけではなく肌が弱い人も、事前に体験脱毛はしておいた方が安心ですよね。


実際に受けてみると「なんだ、大したことなかったな」と拍子抜けすることもあるので、まずは体験するのが一番です。